全国国公立大学卓球大会実施要項

(目 的)

 ・本要項は、国公立大学卓球連盟(以下「連盟」という)の活動事業の1つである「全国国公立大学卓球大会」(以下「大会」という)を主催する上で、

  具体的な実施要領などを明確にするために定めるものである。

  ・大会は、国公立大学の卓球部の技術向上、卓球を通じた学生間の人的交流などを目的に連盟が主催する。

(連盟の決定事項)

 ・大会に関する以下の重要事項については、連盟の理事会の議決をもって承認・決定する。

    (1) 今年度大会の実施計画(実施時期、実施場所、試合種目など)

    (2) 本要項の改定

    (3) その他重要事項

(大会事務局)

 ・大会事務局は、原則として連盟の理事長、事務局長、担当理事、および学生理事が務める。

(大会委員長)

 ・大会の主管大学は、大会を円滑に開催・運営するための責任者として、卓球部員の中から大会委員長を選出する。

(大会役員)

 ・大会の開催に当たって、次の役員をおく。これらの役員は、原則として括弧内に示される者とする。

    (1) 大会会長   1名(主管大学学長)

    (2) 大会副会長  若干名(主管地区大学学長)

    (3) 大会顧問   若干名(主管地区大学学生部長)

 ・大会委員長は、主管大学の学長に大会会長を依頼するとともに、大会会長は、大会委員長を通じて主管地区大学の学長および学生部長他にそれぞれ大会

  副会長および大会顧問を委嘱する。

(大会委員)

 ・大会の運営に当たって、次の委員をおく。これらの委員は、原則として括弧内に示される者とする。

    (1) 大会委員長  1名(主管大学卓球部員)

    (2) 審判長    1名(日本卓球協会公認卓球審判員)

    (3) 総務主任   1名(連盟学生理事)

    (4) 会計主任   1名(主管大学卓球部員)

    (5) 進行主任   1名(主管大学卓球部員)

    (6) 記録主任   1名(主管大学卓球部員)

    (7) その他主任  若干名(主管大学卓球部員)

 ・大会委員の具体的な構成については、大会委員長に一任する。

(幹事校会議)

 ・幹事校会議は、全国10地区(北海道、東北、北信越、関東、東京、東海、関西、中国、四国、九州)の各代表大学(幹事校)の卓球部から選出された

  代表者(幹事:各地区1名)により構成され、大会事務局が招集して、原則として毎年6月頃を基本に東京大学で開催する。その実施要領は別途定める

  とおりとする。

 ・大会事務局は、幹事校会議の進行役を務め、出席幹事の過半数により議決を行う。

 ・幹事校会議の決定事項は、次のとおりとする。

    (1) 試合種目別の組み合わせの主要部分(シード決定に関する内規などに基づく)

    (2) その他重要事項

(代議員会議)

 ・代議員会議は、大会に参加する各大学の卓球部の代表者(代議員:各大学1名)により構成され、大会委員長が招集して、原則として大会前日に大会実

  施場所の会議室で開催する。その実施要領は別途定めるとおりとする。

 ・代議員会議の議長は、大会委員長が大会事務局の補佐のもとに務め、出席代議員の過半数により議決を行う。

 ・代議員会議の決定事項は、次のとおりとする。

    (1) 次年度大会の主管地区および主管大学(原則として全国10地区の各代表大学での持ち回り開催とする)

    (2) 前年度大会の会計報告

    (3) その他重要事項(幹事校および幹事の選出など)

(実施時期)

 ・大会の実施時期は、原則として毎年8月頃を基本とし、大会事務局が大会委員長と協議して設定する。

(実施場所)

 ・大会の実施場所は、原則として主管大学の所在地近隣の体育館を基本とし、大会事務局が大会委員長と協議して設定する。

(試合種目)

 ・大会の試合種目は、原則として次のとおりとし、詳細な実施要領などについては、大会事務局が設定する。

   男子団体(4単1複):予選リーグと決勝トーナメント方式

  女子団体A方式(4単1複)・B方式(2単1複):予選リーグと決勝トーナメント方式

  男女シングルス・ダブルス:トーナメント方式

(参加者)

  ・大会委員長は、全国の国公立大学の卓球部に所属する学生を対象に参加者を募集する。

(参加費用)

 ・大会の参加費用は、参加者の各自負担とし、試合種目別の具体的な参加費用については、大会事務局が設定する。

(大会準備)

 ・大会事務局は、大会に先立ち、原則として次の準備を行う。なお、文部科学省後援名義の使用許可および文部科学大臣奨励賞状の交付申請については、大

  会会長から文部科学大臣宛の文書をもって行う。

    (1) 大会後援の依頼(文部科学省、日本卓球協会、日本学生卓球連盟など)

    (2) 賞状の作成(男女団体優勝大学用は文部科学省から交付)

    (3) 4号賞牌(メダル)の購入(日本卓球協会から購入)

    (4) 大会プログラムに掲載する広告の依頼(主要な卓球用品メーカーなど)

    (5) 幹事校会議の開催

    (6) 大会委員長からの依頼事項の対応他

 ・大会委員長は、大会事務局と連携を取って、原則として次の準備を行う。

    (1) 大会役員と大会委員の構成

    (2) 大会後援の依頼(開催地域の地方自治体・卓球協会など)

    (3) 試合種目別の組み合わせの決定(主要部分は幹事校会議で決定)

    (4) 参加者の宿泊場所の確保

    (5) 大会プログラムに掲載する広告の依頼(主管大学のOB会、開催地域の卓球専門店・飲食店・ホテルなど)

    (6) 大会プログラムの作成(挨拶、大会次第、過去の戦績、競技上の注意、参加大学一覧、試合種目別の組み合わせ、出場選手名簿、卓球研修会の技術

     講習会報告、海外遠征報告、広告など)

    (7) 代議員会議の開催

    (8) 大会事務局からの要請事項の対応他

(大会運営)

 ・大会の運営は、大会委員長、審判長、および大会事務局の指揮に基づき、主管大学の卓球部員が実施する。

 ・なお、開会式の実施要領および閉会式の実施要領については、それぞれ別途定めるとおりとする。

(実施報告)

 ・大会委員長は、大会委員(記録主任)の協力を得て試合記録を集約し、大会事務局に提出する。

 ・大会事務局は、提出された試合記録などに基づいて実施報告書を作成し、連盟の理事会において報告する。

(会計管理)

 ・大会の会計は、大会委員(会計主任)により管理され、大会の運営に使用される。

(会計報告)

 ・大会委員長および大会委員(会計主任)は、大会に関わる会計収支書を作成・審査し、大会事務局および連盟の会計担当理事に提出する。

  ・大会事務局および連盟の会計担当理事は、提出された会計収支書を連盟の理事会において報告する。

 ・大会事務局は、連盟の理事会において承認された会計収支書を次年度大会の代議員会議において報告する。

(引継会議)

 ・大会事務局は、今年度大会委員長と次年度大会委員長の出席のもとに、引継会議を原則として毎年11月頃を基本に東京大学で開催して、実施報告書、会

  計収支書および関係書類を今年度大会委員長から次年度大会委員長に引き継ぐとともに、今年度大会の反省事項や次年度大会に向けての助言事項などを確

  認する。その実施要領は別途定めるとおりとする。

(記録保管)

 ・大会事務局は、実施報告書、会計収支書および関係書類を原則として5年間保存する。

(本要項の改定)

 ・本要項は、連盟の理事会の議決をもって改定することができる。

 

 改定:平成18年12月11日