全国国公立大学OB・OG卓球大会実施要項

(目 的)

 ・本要項は、国公立大学卓球連盟(以下「連盟」という)の活動事業の1つである「全国国公立大学OB卓球大会」(以下「OB大会」という)を実施する

  上で、具体的な実施要領などを明確にするために定めるものである。

  ・OB大会は、国公立大学の卓球部に所属した卒業生間の親睦を図ることを目的に連盟が実施する。

(連盟の決定事項)

 ・OB大会に関する以下の重要事項については、連盟の理事会の議決をもって承認・決定する。

    (1) 今年度大会の実施計画(実施時期、実施場所、試合形式など)

    (2) 前年度大会の会計報告

    (3) 本要項の改定

    (4) その他重要事項

(OB大会事務局)

 ・OB大会事務局は、原則として連盟の事務局長、担当理事、およびオブザーバー数名が務める。

(大会幹事長)

 ・OB大会事務局は、OB大会を円滑に開催・運営するための責任者として、原則として東京大学の卓球部に所属した卒業生の中から大会幹事長を選出する。

(実施時期)

 ・OB大会の実施時期は、原則として毎年10月の第3土曜日を基本とし、OB大会事務局が大会幹事長と協議して設定する。

(実施場所)

 ・OB大会の実施場所は、原則として東京大学駒場キャンパスの第1体育館3階を基本とし、OB大会事務局が大会幹事長と協議して設定する。

(試合形式)

 ・OB大会の試合形式は、4単1複による団体戦(予選リーグと決勝トーナメント方式)を基本とし、詳細な実施要領などについては、OB大会事務局が設

  定する。

(参加者)

 ・OB大会の参加者は、原則として国公立大学の卓球部に所属した卒業生(女性を含む)とする。

  ・OB大会事務局は、主要な国公立大学の卓球部や卒業生を通じて参加者を募集する。

(参加費用)

 ・OB大会の参加費用は、参加者の各自負担とする。

(幹事会議)

 ・OB大会事務局は、大会幹事長およびOB大会への協力者による幹事会議を適宜開催し、OB大会の具体的な実施計画などを審議する。

(大会運営)

 ・OB大会の運営は、大会幹事長およびOB大会事務局の指揮に基づき、原則として東京大学の卓球部員が参加者の協力の下に実施する。

 ・OB大会事務局は、OB大会を運営した大会幹事長および運営に協力した関係者に謝礼を支払う。

(実施報告)

 ・OB大会事務局は、OB大会の終了後速やかに実施報告書を作成し、連盟の理事会において報告する。

(会計管理)

 ・OB大会の会計は、OB大会事務局により管理され、OB大会の運営に使用される。

(会計報告)

 ・OB大会事務局は、OB大会に関わる会計収支書を作成し、連盟の会計担当理事に提出する。

  ・連盟の会計担当理事は、提出された会計収支書の内容を審査し、連盟の会計と一括することにより、連盟の理事会において報告する。

(記録保管)

 ・OB大会事務局は、実施報告書、会計収支書および関係書類を原則として5年間保存する。

(本要項の改定)

 ・本要項は、連盟の理事会の議決をもって改定することができる。

 

 改定:平成17年5月23日