連盟規約

国公立大学卓球連盟規約

第1章 総 則

(名 称)

第1条 本連盟は、「国公立大学卓球連盟」と称する。

(目 的)

第2条 本連盟は、会員の卓球技術の向上、会員相互の親睦、および卓球を通じた海外交流等を図ることを目的とする。

(事 業)

第3条 本連盟は、次の事業を行う。

    (1) 全国国公立大学卓球大会の主催

    (2) 全国国公立大学OB・OG卓球大会の実施

    (3) 全国国公立大学卓球研修会の実施

    (4) 海外遠征の実施

    (5) その他本連盟の目的達成のために必要な諸事業の実施

(会 員)

第4条 本連盟は、国公立大学卓球部の関係者で本会の趣旨に賛意をもつ者により組織される。

(機 関)

第5条 本連盟の議決・執行機関として、理事会を設置する。

(役 員)

第6条 本連盟の役員は、次のとおりとし、原則として国公立大学の卓球部の卒業生および学生とする。

    (1) 理事長    1名

    (2) 副理事長   1名

    (3) 事務局長   1名

    (4) 会計担当理事 1名

    (5) 理 事    4名~10名

    (6) 学生理事   2名

    (7) 監 事    1名

    (8) 顧 問    若干名(必要に応じて)

    (9) 相談役    若干名(必要に応じて)

    (10) オブザーバー 10名以内  

(役員の任期)

第7条 本会の役員の任期は、2年とし、役員が交代または欠員となったときの新役員の任期は、前任者の任期の残余期間とする。

(役員の再任)

第8条 役員の再任は、これを妨げない。

(事業年度)

第9条 本会の事業年度および会計年度は、4月1日から3月31日までとする。

(規約の改正)

第10条 本規約を改正する場合には、理事会において理事会構成者の3分の2以上の賛成を得なければならない。

(附 則)

第11条 本規約は、平成17年5月23日より有効とする。

 

第2章 事 業

(全国国公立大学卓球大会の主催)

第12条 国公立大学の卓球部に所属する学生の卓球技術の向上と相互の親睦を図るために、別途定める実施要項に基づき、原則として毎年1回開催される

    全国国公立大学卓球大会を主催する。

(全国国公立大学OB・OG卓球大会の実施)

第13条 国公立大学の卓球部に所属した卒業生の相互の親睦を図るために、全国国公立大学OB・OG卓球大会を原則として毎年1回実施する。その実施要項に

    ついては、別途定めるとおりとする。

(全国国公立大学卓球研修会の実施)

第14条 国公立大学の卓球部に所属する学生の卓球技術の向上と相互の親睦を図るために、卓球研修会を原則として毎年1回実施する。その実施要項につ

    いては、別途定めるとおりとする。

(海外遠征の実施)

第15条 卓球を通じた海外交流の一環として、全国国公立大学卓球大会において優秀な成績を収めた選手他を対象にした海外遠征を原則として毎年1回実

    施する。その実施要項については、別途定めるとおりとする。

 

第3章 理事会

(役 割)

第16条 理事会は、本連盟の議決機関であるとともに、本連盟の執行機関であり、決定事項に従って本連盟の運営管理に当たる。

(構 成)

第17条 理事会は、第6条に定める役員の内、理事長、副理事長、事務局長、会計担当理事、理事、および学生理事により構成される。

    (1) 理事長、副理事長、事務局長、会計担当理事、および理事は、国公立大学の卓球部に所属した卒業生より選出し、原則として1大学より1~2

      名とする。

    (2) 学生理事は、原則として東京大学の学生より選出する。

(理事長他)

第18条 理事は、互選により、理事長1名、副理事長1名、事務局長1名、会計担当理事1名をそれぞれ選出する。

(開催時期)

第19条 理事会は、理事長が招集し、定例理事会を原則として毎年4回程度開催するとともに、必要に応じて臨時理事会を随時開催できる。

(議 決)

第20条 理事会の議長は、理事長が務め、理事会構成者の過半数により議決を行う。

(決定事項)

第21条 理事会の決定事項は、次のとおりとする。

    (1) 第3条および第2章に定める事業を推進する上での重要事項の決定

    (2) 次期役員の選出および承認

    (3) 前年度の会計報告

    (4) その他重要事項

 

第4章 会 計

(収 入)

第22条 本連盟の収入は、全国国公立大学卓球大会事業からの納入金、全国国公立大学OB卓球大会事業や全国国公立大学卓球研修会事業における参加費、

    関係者からの寄付金、その他とする。

(管理運営)

第23条 本連盟の会計は、理事会により管理され、第3条および第2章に定める各事業の運営に使用されるとともに、本連盟の諸活動に使用される。なお、

    全国国公立大学卓球大会事業そのものの会計については、全国国公立大学卓球大会の主管大学により管理される。

(会計監査)

第24条 本連盟の会計監査は、理事会で選出された監事が行う。

(会計報告)

第25条 会計報告は、会計担当理事が理事会において行う。

 

改定:平成26年10月8日