理事会

2019年度理事会議事録

<国公立大学卓球連盟理事会(令和元年度第1回)議事録>

 

1.日 時  令和元年6月11日(火)19:00~21:00

 

2.場 所  アット東京豊洲本社会議室

 

3.出席者  長内(記)、広川、佐藤、中本、山口、宇宿、戸田、葛山、尾崎、中川、高

       薮、小松(敬称略、全12名)

 

4.内 容  主要な打合せ結果は以下のとおり。

 

(1)第40回卓球研修会の実施結果について

 ・第40回卓球研修会(3/12~15)の実施結果の概要について長内、葛山理事、小松学生理

  事が報告。

 ・アンケート結果の総合満足度は4.47(5点満点)でかなり高く、渋谷さんと偉関さんに

  よる実技指導の平均満足度も4.67(5点満点)と高くて今回も参加者に好評と評価。

 ・収支総額830,430円の会計報告を異議なく承認。

 ・今回は埼玉県スポーツ総合センター(埼玉県上尾市)の予約がうまくできて4日間とも使

  用。

 ・次回も埼玉県スポーツ総合センター(埼玉県上尾市)を仮予約済み(3/23~26)。

 ・ニッタクボールの多めの手配、参加者(女子を含む)の増大、実技指導者の増員などが

  今後の課題。

 

(2)第25回海外遠征の実施結果について

 ・第25回海外遠征(3/5~16)の実施結果の概要について戸田理事が報告。

 ・今回は脇村団長(大阪大学OB)以下総勢16名が参加して前回と同様にハンガリー(ブダ

  ペスト)とドイツ(デュッセルドルフ)の2ヶ国に遠征し、トラブルが全くなく無事終

  了。

 ・次回の海外遠征の団長は今後候補者を積極的に募集して次回理事会で決定予定。

 

(3)2018年度事業報告の概要について

 ・2018年度の主要な理事会審議結果や事業活動結果の概要について長内が説明し、異議な

  く承認。

 

(4)2018年度連結会計の決算結果について

 ・2018年度の連結会計の決算結果について佐藤会計担当理事が説明。

 ・連結収支は連盟本部会計と国公立OB・OG大会会計の黒字により全体で約11万円の黒字で

  あり、累積繰越金が約513万円から約524万円になることを承認。

 ・累積繰越金の全国公大会参加者への還元、卓球研修会や国公立OB・OG大会のキャッシュ

  レスの推進などが今後の課題。

 ・山崎監事による会計監査は7月上旬~中旬頃に実施予定(現在調整中)。

 

(5)第23回国公立OB・OG大会の準備状況について

 ・第23回国公立OB・OG大会(10/12)の準備状況について宇宿理事、尾崎オブザーバーが

  報告。

 ・今年度の開催日程は10/12(土)、会場はサイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合体育

  館)に確定していることを再確認。

 ・大会要項については、参加費(8,000円)と懇親会費(4,000円)は変更なしとするが、

  参加費にはスポーツ保険料を含め、懇親会費の内500円分は貸切バス代に当てることを確

  認。

 ・今回から参加費と懇親会費の所定口座への事前振込を採用することを決定。

 ・申込みは今回もエントリーフォームを導入して実施し、締切期日は9/20(金)の予定。

 ・アルバイトの手配に当たって、東京大学卓球部と今後調整予定。

 ・円滑な試合進行の具体的な方策については、次回理事会で審議予定。

 

(6)第59回全国公大会の準備状況について

 ・第59回全国公大会(8/20~23)の準備状況について長内が報告。

 ・幹事校会議(6/16)に向けて参加大学や参加者の集約資料を作成中であるとともに、大

  会会長や大会後援の段取り、審判長や看護師の確保、タイムテーブルの検討、スタンド

  出店の調整などを計画的に実施中。

 ・実行予算としてはさいたま観光国際協会からのスポーツイベント開催助成金(申請金

  額:100万円)の寄与が大きく、単独収支は約35万円の黒字の予定。

 ・今後は幹事校会議(6/16)の実施結果に基づき、大会プログラムの作成などを実施予

  定。

 ・学生理事によるスポーツ庁への後援申請手続きも滞りなく実施することが必要。

 ・埼玉県内の高校生へのPRも広川副理事長や中本理事が中心となって進める予定。

 

(7)第60回全国公大会の準備状況について

 ・第60回全国公大会の準備状況について長内が報告。

 ・主管校に内定した九州大学で照葉積水ハウスアリーナ(福岡市総合体育館)を候補に体

  育館の優先予約について調整中。

 

(8)第61回全国公大会の主管校について

 ・第61回全国公大会の主管校の候補大学について長内が説明。

 ・主管校の候補大学として広島大学に内定することを異議なく承認。

 

(9)役員の進退について

 ・理事会を長期欠席中の本田理事については、本人に今後の進退について意向を確認する

  必要あり。

 ・阿部オブザーバーについては、新潟への転勤に伴い本人から退任の申し入れがあったこ

  とから、これを尊重して退任を受理。

 

(10)その他

 ・第59回全国公大会の幹事校会議は6/16(日)に開催予定。

 ・次回理事会は10/2(水)に開催予定。

 

 以上