2022年度理事会議事録

国公立大学卓球連盟理事会(令和4年度第1回)議事録>

 

1.日 時  令和4年6月7日(火)20:30~22:00

2.方 法  LINEミーティングによるオンライン会議

3.出席者  長内(記)、広川、佐藤、中本、真新、橋本、宇宿、柳葉、葛山、尾崎、葛

       山、三浦、前川、根木(敬称略、全14名)

4.内 容  主要な打合せ結果は以下のとおり。

 

(1)2021年度事業報告の概要について

 ・長内が画面共有資料に基づき説明し、異議なく承認。

 ・4つの事業活動はコロナの影響で全て中止。

 ・新しい試みとして次回の卓球研修会の女子参加対応と連盟HPの新企画コンテンツ掲載対

  応の2つを確認。

 

(2)2021年度連結会計の決算結果について

 ・佐藤会計担当理事が画面共有資料に基づき説明し、異議なく承認。

 ・連結収支は4つの事業活動がコロナの影響で全て中止であることから、主な支出は連盟本

  部のHPやドメインの更新代、全国公大会60周年記念品代となり、累積繰越金が

  4,725,130円から4,368,145円(-356,985円)になることを確認。

 ・寺前監事による会計監査はオンラインで6/20(月)に実施予定。

 

(3)第62回全国公大会の実施計画について

 ・長内が画面共有資料に基づき説明。

 ・8/17(水)~20(土)、グリーンアリーナ神戸での開催に向けて、主管校の大阪大学が事前

  参加調査(予備調査)結果を踏まえて開催案内を発信し、参加申し込み(期日:6/10)

  を受付中。

 ・幹事校会議(シード会議)は6/25(土)・28(火)に開催予定で、個人戦のシード設定は学

  内ランクや各地区大会の戦績などを重視して検討予定。

 ・コロナ対策資料は第91回インカレの注意事項資料などを参考にして今後更新検討が必

  要。

 ・大会開催中の無観客(部外者)を徹底するための具体方策の検討が必要。

 ・ニッタクの試合ボールを抗菌仕様にするかどうかを確認するとともに参加選手への事前

  説明を検討予定。

 

(4)第62回全国公大会における60周年記念シューズバッグ在庫50個の配布準備について

 ・戸田理事からの事前コメントにより、配送先(住所、郵便番号、氏名、電話番号、配達

  指定日・時間帯)を指定してもらえればその通りに対応予定であることを確認。

 ・対応準備について主管校の大阪大学と今後調整予定。

 

(5)第26回国公立OB・OG大会の実施計画について

 ・長内が口頭により説明。

 ・11/5(土)、サイデン化学アリーナでの開催に向けた主な検討課題(懇親会の開催可否、

  コロナ対策など)について議論。

 ・懇親会の会場としては、埼玉大学生協食堂を仮予約済みであるが、団体利用はコロナで

  禁止の可能性があり最新状況の確認が必要。

 ・コロナ対策については、埼玉県やさいたま市のルールなどを参考にして次回理事会で検

  討予定。

 ・今後の対応としては、詳細要項の確定(8月中)→ 開催案内(詳細版)による参加者の

  募集(9月上旬)→ 理事会を開催して詳細計画の決定(10月上旬or中旬)を予定。

 

(6)第44回卓球研修会の実施計画について

 ・長内が画面共有資料に基づき説明。

 ・3/20(月)~23(木)、埼玉県スポーツ総合センターで36名を募集しての開催に向けた主な

  検討課題(女子参加対応、コロナ対策など)について議論。

 ・女子の参加については、男女の参加枠人数を含めて各地区の幹事校に募集と調整を依頼

  する方向とし、幹事校宛の開催案内(参加者募集)資料のたたき台を作成して次回理事

  会で審議予定。

 ・3/22(水)午後がアリーナ全面が予約できずに多目的室(最大9台が利用可能)の予約にな

  ったことについては、実技指導を2日間に分けて実施することや団体戦を実施することな

  どの対応について次回理事会で再度審議予定。

 ・コロナ対策(ホテル・自宅からの参加による個室宿泊、ワクチン接種やPCR検査の実施

  結果の確認など)の検討とコロナによる各大学の活動制限方針の情報収集については、

  引き続き実施予定。

 ・実技指導者(偉関さん、渋谷さん)のスケジュールなども今後確認予定。

 

(7)第29回海外遠征の団長候補者の選定について

 ・戸田理事からの事前コメントにより、もし遠征を実施する場合はコロナによる微妙な状

  況下で新たに団長を募集するわけにもいかないことから団長候補はM氏が有力であるこ

  とを確認。

 ・団長候補者については、遠征経験者(東京大学修士学生など)を含めて次回理事会で再

  度審議予定。

 

(8)連盟HPのOB・OG情報関連新企画コンテンツの進捗状況について

 ・長内が口頭によりニッタク「日本の肖像」シリーズ記事の掲載状況を報告するととも

  に、画面共有資料に基づきOB・OG紹介シリーズ記事のこれまでの掲載実績を説明。

 ・OB・OG紹介シリーズの次回候補者については、これまで掲載実績のない横浜国立大学、

  東京大学、大阪大学などのOB・OGを対象に候補者を調整予定。

 ・国公立OB・OG関係者に広く投稿を募集したり、これまでの投稿者に次の投稿者を推薦し

  てもらうことなどについては、次回理事会で審議予定。

 

(9)その他

 ・次回理事会は10月上旬or中旬にオンラインで開催予定(日程は別途調整)。

 

 以 上